電気自動車での車酔いを防ぐ!効果的な対策とは?

公開日:2024/06/15

環境問題の対策として、電気自動車は世界的に期待される存在です。しかし、日本での普及は少なく課題となっています。なかでも、車酔いのしやすさは懸念点のひとつです。ここでは、車酔いの原因や対策について解説をしています。さまざまな視点で理解を得ると、電気自動車にメリットを感じます。購入を検討している方は必見です。

車酔いはなぜ起こる?

まずは、車酔いのメカニズムについて解説をします。また、車酔いしやすい方の特徴もあるので、自身が当てはまるかをチェックしてみましょう。

車酔いの原因

不規則な揺れに対して、体・耳・目から得られる情報が一致しないため、脳が混乱する状態が車酔いのメカニズムです。脳にイレギュラーな刺激が起こることで、自律神経が反応して吐き気やめまいが生じます。

さらに、嗅覚のストレスや閉鎖空間による不安感なども、車酔いを誘発させる原因です。そして、過度に心配するのもよくありません。精神的な要因も大きく、酔うかもしれないと思いこむことで、実際に酔ってしまいます。安心できる環境を作りだすことは重要です。

車酔いしやすい人の特徴

車酔いは、車の揺れに慣れることで解消されていきます。そのため、車に乗る機会が少ない方や、経験値が低い子どもは酔いやすい傾向があります。心身ともに車内環境に適応できない方は注意が必要です。

また、年齢的には10代がとくに多いとされています。脳機能が発達する年代のため、敏感に反応しやすいことが原因です。また、成人後も車酔いで悩む方はとても多くいます。過去の不快な経験から不安になるパターンは、車酔いしやすい方の特徴です。極力、リラックスできるように心のコントロールをしましょう。

車酔いしないための対策

車に慣れていない方や、苦手意識が強い方は事前に対策方法を理解しておきましょう。ここでは、車酔いしないための工夫や、してしまったときの対策を紹介します。

乗り物自体に慣れる

車酔いの回避は、揺れに慣れることがとても重要です。体も精神面も、対応できるように工夫をしましょう。慣れるコツとして、小さな乗り物ほど揺れやすいので、大型の乗り物から始めることがおすすめです。バスなどに短時間乗って、無理なく進めるとよいでしょう。

また、同じ道を走ることで、揺れの想定をしやすく体も順応します。まずは、乗り物に酔わないという経験値を大事にしましょう。慣れてきたら乗用車で試して、徐々に移動距離を長くすると効果的です。

日常動作による効果

寝返りを打つことで、体や頭が自然に揺れて酔いにくくなる効果があります。そこで、起きている時も、意識的に体を揺らす動作をおこなうとよいでしょう。頭を緩やかに回すことや、しこを踏む動作でも鍛えられます。また、子供の場合は滑り台やブランコで遊ぶことも効果的です。揺れやスピード感がある遊びは、自然と車酔いに強くなります

車酔いしたときの対策

まずは、リラックスできる体勢になることが重要です。車から降りて、安心できる状態になりましょう。しかし、車を止められない場合もあります。そのときは、シートを倒したり、上着を脱いだりしましょう。また、洋服のベルトやボタンを緩めると、より楽になります。

そして、新鮮な空気を吸うと、吐き気を抑えることに効果的です。風にあたることで、スッキリした感覚になります。また、緊張感をほぐしつつ意識を遠ざけることもよいでしょう。音楽を聴いたり、景色を見たり、会話をすることで自律神経が穏やかになります。そして、酔ったあとでも酔い止めの服薬は効果的です。飲める状況であれば頼りにしましょう。

同乗者が車酔いしにくい運転を心がけよう

電気自動車が酔いやすいとされる原因には、運転の仕方が影響しています。そのため、運転技術の向上によって車酔いの回避は可能です。ここでは、酔いやすくなる運転と改善方法を紹介します。

電気自動車が酔う理由

電気自動車はワンペダルであり、ひとつで加速・減速をおこなうことが特徴です。踏み込んだ時に発進し、離すと徐々に減速するため、通常のAT車とは扱いが異なります。AT車に慣れていると速度が上がった際、ペダルから足を離す癖が出るでしょう。

その場合、ワンペダルは無駄に減速するため、再び加速が必要になります。過剰に減速と加速を繰り返すことで生じる揺れが、車酔いの原因です。運転者は自身の操作なので揺れを想定できますが、同乗者はいつ揺れるかは分かりません。小さなストレスが積み重なるので、ペダル操作は慎重になるとよいでしょう。

ワンペダル操作のコツ

まずは、加速・減速が無意識に多くなっていることを理解しましょう。また、ペダル操作をゆっくりすることも効果的です。どの車でも共通ですが、一定速度を保つことを意識しましょう。無駄な揺れを抑えられるので、同乗者も快適に過ごせます。

まとめ

近年、電気自動車の機能性は発達しており、乗り心地も優れています。運転技術の向上や車酔い対策をすることで、安心して乗車できるでしょう。また、カー用品をこだわることもおすすめです。とくに、カーフロアマットは振動を抑えることができます。全席が快適になるので、取り入れてみるとよいでしょう。あらゆる工夫で車酔い対策は可能です。是非、前向きに電気自動車を購入しましょう。これからの時代に求められるアイテムです。

【電気自動車】おすすめのカーフロアマット比較表

画像車種・商品名特徴スペック
日産・ARIYA(アリア)年式2022年1月~・右ハンドル・ハイエンド高級カーフロアマット・H700生地【はるみ商店・フラッグシップモデル】最高級生地を使用金額:6万800円(税込)
材質:ポリプロピレン、ポリエステル
マットの厚み:約20mm
マット点数:フロント1パーツ、リア1パーツ
車種名:日産 SAKURA(サクラ) B6系
商品名:日産 サクラ B6 フロアマット ラゲッジマット C2000シリーズ 【 アルティジャーノ 】 日本製 受注生産 カー用品 内装パーツ 裏生地 防水 トランクマット 車 カスタム 無地 カーペット NISSAN SAKURA
高いグリップ力とフィッティング性金額:3万1,350円(税込)
材質:純正品同等の難燃基準をクリアーしツイストした糸素材を使用して耐摩耗性を追求した国産生地、防水・ 防振・遮音・ズレ防止に優れた素材
マットの厚み:記載なし
マット点数:フロアマット5枚、ラゲッジマット2枚
車種名:日産 ARIYA(アリア) FE系
商品名:日産 新型 アリア FE系 フロアマット ラゲッジマット (プレミアム) ゴム 防水 日本製 空気触媒加工
細かく調整された形状金額:2万7,980円(税別)
材質:ポリプロピレン
マットの厚み:15~17mm
マット点数:フロアマット(1列目+2列目)、ラゲッジ(トランク)マット 1セット
車種名:日産 SAKURA(サクラ) B6系
商品名:日産 サクラ SAKURA B6系 フロアマット+トランクマット ラゲッジマット ◆カーボンファイバー調 リアルラバー HOTFIELD
グリップ力や防水性などが高い金額:1万4,025円(税込)
材質:ラバー
マットの厚み:記載なし
マット点数:フロアマット4点+トランク(ラゲッジ)マット2点
車種名:日産 ARIYA(アリア) FE系
商品名:日産 アリア FE0【ZERO2000シリーズ 】【フロアマット】
さまざまなバリエーションがある金額:2万7,720円 (税込)
材質:ポリプロピレン
マットの厚み:12mm
マット点数:記載なし
車種名:日産 SAKURA(サクラ) B6系
商品名:日産 新型 サクラ B6AW SAKURA フロアマット カーマット エクセレントシリーズ
日本製の生地かつ国内製造金額:1万9,800円(税込)
材質:記載なし
マットの厚み:16~18mm
マット点数:フロントマット、後席マット
車種名:日産 SAKURA(サクラ) B6系
商品名:日産 サクラ フロアマット B6AW 対応(プレミアム)
とても厚みがある金額:1万8,480円(税込)
材質:記載なし
マットの厚み:約20mm
マット点数:記載なし

おすすめ関連記事

【PR】上質なカーフロアマットを使用して快適な電気自動車ライフを送ろう